プロフィール

春日井吾一

Author:春日井吾一
多重債務に陥ったサラリーマン。破綻した生活に耐え切れず、弁護士に任意整理を依頼することになりました。その過程および借金に対する考察等を綴ります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

借金における実力値

人にはそれぞれの実力値というものがあり、それを計るための杓子というか汎用的フォーマットのようなものが存在します。昔ながらの表現を用いて非常に大まかに分けるなら、心・技・体と言ったところでしょうか。現代にそれを当てはめるなら、それは体力であり、知力であり、物事に対する姿勢や見識といった感じになると思われます。いずれにしても、そのレベルの上下によって周囲からの評価も上下し、その評価がそのまま自分の価値となる。これが人間社会の現実というものでしょう。現実の実力値の他に、内に秘めたるポテンシャルというものも存在しますが、発揮されないポテンシャルはその時点では無価値。ゆえに評価の対象にはなりません。

そのような人間評価の大前提を踏まえた上で借金を考えると、やはり借金にも実力値というものがありありと存在することに気付きます。その人の資産の質量、収入の多寡、その収入の安定性…。それらを総合的に踏まえたものが即ち借金における実力値であり、それは端的に支払能力と言い換えることも出来ます。その支払い能力を元に、見合った金を貸していく。これが借金の真っ当な流れであり、ある意味鉄則中の鉄則でしょう。結局のところ、サラ金問題が後を絶えないのも、この鉄則をサラ金業者が遵守してないからです。要するに彼等は、実力値に見合わない金を、支払能力を超えた金を貸しているから今こうして世間の非難を浴びているという…。いわば身から出た錆。金を借りた方がそうなら、貸した方もまた災いを自ら呼び寄せているわけです。金は天下の回りものだけに、それに関わる人間達もまた不幸なスパイラルを展開しているとは、笑えるようで笑えない構図ですなぁ…。

前置きが長くなりましたが、一昔前は「ジャンジャン借りて」とばかりに宣伝していたサラ金が、今さら「ストップ借りすぎ」とかCMで流したところでもう遅い。事態は完全に消費者寄りで覆すことなど出来ないのだから、そんなわざとらしいことしてないでさっさと消滅するが良しという感じです。そして一人でも多く一刻も早く、キャッシングほど馬鹿げたものはないと消費者が気付くことを願います。自分の実力値をわきまえることが、着実な幸せへの第一歩だと胸に刻みながら…。

それにしても、僕の実力値はどのくらいだったのでしょう。借金したての頃は普通に返せてたのに、いつのまにか支払いがきつくなり、結局は任意整理という結末。どこで自分の実力値を超えたのでしょうか。大まかに思い返していくと…。

始まりは学生時代。大学1年か2年の時に学生ローンで5万借りたのがスタートです。その時は利子が1500円くらいだったので余裕で払えてました。それが10万となった時も、一月3000円の返済なのでまだ安心感はありましたね。だけど月日を経るごとに利息しか返せない、返さない自分にちょっと猜疑心を抱き始める。2件目、3件目と増えて行った時には、正直不安で仕方なかったと思います。結局、貧乏な学生時代を卒業する頃には4社10万、10万、15万、10万の合計45万という借金を背負っていたはずです。利子だけで毎月15000円くらい、しかもそれでは利子が減らない。これは若すぎる自分にとって戦々恐々ものだったでしょう。結局、全てを返済しきれずに就職を迎えてしまいました。学生という身分で見るならば、2件目を借りた時点くらいが多分、僕の実力値だったと思います。

その学生時代の借金を持ち越しての社会人生活。決して安くない定期収入が入るようになったため、学生時代の借金は僕の限界値ではなくなりました。つまり、実力値がアップしたことになります。だけどそこで全て返せば良いのですが、僕はこの実力値アップを借金額アップのチャンスと捉えてしまったんでしょうね。入社したてですぐさまサラ金に走った度胸は、他の同期生の追随を許すところではありません。だけどそれは度胸でなく無知、無謀であるということを、その内僕は思い知らされるのでした…。

学生時代の残りが20万くらい。社会人初っ端で○コムから50万。そして現実を見ない僕はトントン拍子でその額を増やすことになり、社会人4年目にして○コム50万、○富士50万、ア○ク30万、ア○ル50万、あと銀行から数十万という形で200万オーバーの借金を背負い、しかもそれを一向に返せないという状況に陥ったのです。もうこの時点で完全に実力値を超えてますね。何しろ年収の半分以上だったので…。でも、あくまで客観的に考えるのなら、最初の○コムくらいは返済する能力はあったのだと思います。

そんな感じで、元金が減らない自転車操業を繰り返し、ようやく到来した任意整理の時。既に社会人として9年が過ぎており、世が世なら世の中を背負う立派な中堅仕事マンです。だけど僕の社会人のステータスとしては何よりも先に多重債務者というパラメータが出てくるでしょう。それほどに、この属性と人生を共にしてきたのです。元金は400万まで増大し、年収とさして変わりがないという死亡寸前の状況の中、ようやく決着をつける決心をしたわけです。この時の勇気を考えたら、○コムのATMに入った時の度胸など霞んで消える存在です。

借金をしたという選択は、間違いなく僕の人生を大きく変えました。本来あったであろう実力値やポテンシャルを食いつぶしながら…。しかし、任意整理という選択もまたそれに負けないくらい人生を変えるもの。そう信じたいものです。今度こそ今まで殺されてきたポテンシャルを開放できるように…。
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

あとは○エルのみ…

任意整理を依頼してから、ほぼ4ヶ月が経過しました。相変わらず弁護士先生からは何の連絡も無いですが、先生は仕事はちゃんとやると仰ってましたし、進展があったら向こうから連絡してくるということなので、僕としてはそれを信じてただひたすら待つのみ。

しかし、連絡する理由が出来たとなれば別です。先月から彼女と一緒に住むべく引越し作業をしていたのですが、それに目途が立ちました。僕の方は諸事情あって昔の家をまだ解約しておらず住民票も移してませんが、新居に住んでることは住んでます。加えて電話番号も変わりました。それらの事実を先生に報告するのもまた債務者たる僕の義務。そういうわけで、久々に弁護士先生のところへ電話をかけることとなったのです。

そうなったら、ついでに整理進行状況も聞きたくなるのが人情というもの。とりあえず報告を簡単に済ませた後、僕はドキドキしながらお伺いを立ててみました。すると先生曰く、「5社の内、4社はもう既に引き直し計算も済んでおり和解出来る状態。しかし1社だけ頑固なところがあり、年内にはまとまりそうもない」とのことでした。音沙汰が無くてもしっかり仕事をしてくれている事実にとりあえず安堵すると同時に、その頑固な1社に何やら嫌な予感を抱きました。

その1社とは、予想通りというか、あの悪名高い○エル。○立信販と○イスが合併した、そして会社更生法を適用された○エルです。ここが頑としてこちらの言い分を聞かず、話が全く進展しないとのこと。訴訟やってやりたいよなどと先生も随分ご立腹の様子でした。ネット等で見ても悪いことばかりしか書かれていないし、本当にここは通常のサラ金から逸脱した会社だと思いますね。更生会社ですし。まったく、この○エルに関しては他のサラ金に比べて嫌な思い出が多すぎます…。

そもそも一番付き合いの長いサラ金は、就職したてですぐ借りた○コムですが、過去の書類等をよく見ると○エルとの縁も負けてません…。まず、○コムから借りて数ヶ月後に僕は○エルで借りてます(当時の社名は○イスですが)。しかも、10万とか20万からスタートするのでなく、いきなり50万の天井1杯。借り始めの銀行手帳の振込み履歴には、○コムとほぼ同時期にしっかりと○エルへの入金が記載されているので間違いないでしょう。てっきり2番目は○富士か○FJだと思っていたんですが、記憶というのは全くもってあやふやなものです。同時に、過去の明細とか銀行通帳とった客観的資料がいかに重要なものか理解できる瞬間でもあります。

そんな○エルとの取引が3年ほど続いたある日、僕はここの恐ろしさを知りました。その時、僕は何かの理由で支払いを1日遅らせてしまったのですが、それに対する態度が非常に極悪。まず携帯に着信がありました。僕は仕事中で取れなかったけど、留守電が入っていたので聞いてみたところ女性からの伝言。しかも個人名で、「電話してくれ」とのメッセージだけが残ってました。

それとなく嫌な予感を抱きつつ、夜そこに電話したところ、昼かけてきたであろう女性が出て「春日井吾一さんですね」とまずは念押し。「はい」と答えると、「ちょっと待って下さい」と慇懃に待たされ、次にはいきなり別の男が出てきて「春日井さん?」と聞かれました。そして僕が「はいそうですが」と答えた瞬間、「○エルだけど」と野太い声に豹変。僕が事情に気付き「あ、すいません」とまず謝ろうとした瞬間、その男は「すいませんじゃねーよお前!!」という怒声を放ったのです。僕はもう何が起こったのか分かりませんでした。

そんな僕をよそに、男は次々にまくし立てます。「お前、借りたもん返さんなんてどういうつもりじゃ!」「なめとんのか!」「今から会社に行くぞ!」等々…。当時、借金のことについて無知だった僕としては、ただただ「すいません」と謝り続けるしかなかった。一日遅れただけでこれなのかと。何で会社名でなく個人名で電話するのかと。しかもわざわざ女からかけて男が話すという迂遠なことを…。

怒声を聞いている間、平謝りしている僕でしたが、頭の中ではある程度冷静に「コイツはヤクザだ」という確信めいたものを抱きました。なのでここは何とか穏便に済まさなければという思考がフル稼働し、「会社行くぞ」と言われた時、「勘弁してください」とまるで漫画に出てくるショボイ債務者そのものの台詞を吐きながら僕は泣きました。もちろん嘘泣きです。だけどこちらがどうしようもなく向こうを怖がっており、反省している素振りを見せるのがこの場では最も良いと思った次第。そのための咄嗟の逃避行動だったと思います。すると期待通りというか、そのヤクザは「何も泣くことないやろ」と声を穏やかにし、まるで子供を諭すかのような口調で話し始めたのです。

多分、向こうも元々会社に乗り込む気など無かったはず。こちらが恐怖に縛られ絶対に焦げ付かないようにする演技であったと今となっては思います。そしてあの瞬間にもそれは分かっていたのでしょう、僕本人は。しかし、サラ金に関する無知と、まるで漫画やドラマのような取立に若すぎた僕は最善の対処をすることは出来ませんでした。出来ることと言えばただただ平謝りすることで、それが精一杯だったのだと思います。今思えば最も恥ずかしい記憶。だけど当時では最善の対応。

それでも痛感できたのは、サラ金の本質。彼等はしょせん高利貸しであり、それ以上でもそれ以下でもない。CM等でイメージが一新されつつあったサラ金業界に一線を引くことが出来たのは、紛れもなくこの一件のおかげです。まあ、結局はそれ以降も借り続けて債務整理にまで至ってしまうわけですが、いずれにせよサラ金は怖いものであり、そこから金を借りることは不幸以外の何物でもないことだけは間違いありません。

○エルとは、そんな怖いサラ金の中でもトップランクで悪質。それは巷に流れる多々の情報で分かります。とりあえず僕は、例の取立てがあった1ヶ月後、○富士から50万の増額を受け、○エルを一括返済しました。担当からは「どうしたんですか?」とか「またいつでも借りて下さいね」などといわれましたが、こちらとしては「どうもこうもねーよ」と言いたいし、今後一切借りたくないと思ったものです。

しかし、そうしてようやくの思いで一度○エルとの縁を切ったにも関わらず、僕はまた借りてしまった。最も危険なサラ金だと分かっているのに、目の前の金に窮した僕は、同じ過ちを犯してしまったわけです。そしてトントン拍子で増額され、たった2年で僕は新たに70万の債務を背負うことになった、と…。もう自分の力だけではどうしようもなく、外部に頼るしかないと痛感した一事です。

そんな嫌な思い出ばかりの○エル。今また任意整理の遅延という形で僕を苦しめる。弁護士先生曰く、「あそこは一度破産してるから云々…それを盾にとって云々…」。話を聞くたびに、任意整理依頼時のことが思い浮かびます。

僕は幸運にも過去の契約書全てを保管してました。しかし先生は、「大体まともな会社ばかりだから、契約書なくてもちゃんと正直に報告してくるよ」と言ってました。しかし同時にこうも言いました。「でも、○エルだけのヤツはコピーさせてもらうよ」と。「あそこだけは厄介だからね」と。そうしてただ一つだけ特別扱いを受け、契約書のコピーすら取り、それでも現在解決出来てないサラ金。それが○エル。ネットで検索するたびに、不安が大きくなっていきます。

それでも決して悲観だけではない。○エルだろうと取れることは取れるのです。なので時間が掛かろうと、是非彼等には負けないで欲しい。僕は弁護士先生の腕を信じながら、今しばらくの潜伏生活を続けます。

とりあえず下記のサイトはかなり参考になりました。

http://www.shomin-law.com/shakkinael.html


あと、下記は僕の任意整理の対象にしている債務の内容です。記憶頼みなので不完全ですが、当初は30%超えとかすらあった事実には今考えても驚きを隠せません。ホント、何て悪どいことか…。

○コム…50万・9年・27.5%(初回から50万天井・9年)
○富士…100万・8年・25.5%(10万・1年・33%→30万に増額・1年33%→50万に増額・1年・29.2%→100万に増額・5年・29.2%)
○FJ…75万・8年・28.8%(10万・1年・35%→30万に増額・3年・29.2%→50万に増額・1年・28.8%→70万に増額・1年・28.8%→75万に増額・2年・28.8%)
○エル…50万・3年で完済後に70万・2年(50万天井・3年・39%完済→新規20万・半年・33%→50万に増額・半年・28.8%→70万に増額・半年・28.8%)
○イフ…50万・5年・28.8%(初回から50万天井・5年)
FC2 Blog Ranking

借金持ちと通常人、同条件でこうも変わる

間もなく新居へ引越すわけですが、僕の旧居からは特に持って行くものはありません。せいぜい本棚一つ、本少々、服少々というところです。その他の生活用品は彼女の旧居から持って行けばいいし、逆に僕が持っていた1ドア冷蔵庫とか錆びた二層式洗濯機など持って行ったところでゴミになるだけですし…。それよりも、そうした粗大ゴミを廃棄する金が捻出できないという現状の方がよっぽど危険です。どうやって捻出するか、いやどうやってごまかすか…。

そんな不安を抱えた引越し期間なのですが、友人に同じような感じで新居へと引っ越す人が居ます。僕とは違って堅実で、ギャンブルをやるヤツはどうしようもないと吐き捨てる感じ。ギャンブルも全く否定できたものじゃないよと反論したいところですが、そのギャンブルが元で任意整理などをして、かつ貯金もゼロどころかマイナスの僕が言ったところで全く説得力が無いから悲しいところ。ギャンブルをしない人間の方が幸せになれるというのは、確固たる数字が示しているのです。

その数字を見ていくと、僕とその友人との差異はあまりにも大きく、凹んでしまうこともしばしば…。まず、その友人が分譲マンションを購入するのに対し、僕は賃貸マンション。頭金など当然揃えられないし、先々の支払いすら不安な状況。それ以前に、任意整理してるからローンが組めないわけです。つまりスタート地点にすら立てない状況、同じ土俵に上がれない状況…。

さらに、友人は新居に移るに際し、家具や家電製品一式を新調する予定。色々な電気屋を見て回っては、あれはいいものだ、これが気に入ったなどと楽しそうに話してます。新しい買い物をするという行為は楽しいものなので、その気持ちも良く分かります。その姿は本当に幸せそう…。そんな幸せそうな友人に対し、僕の方はというと、当たり前のように今使っている家具や電気製品を流用する形。新調する金などあるはずもありません。彼女の方からは色々ねだられているんですが、借金のことを隠している僕としては、ただただごまかしてうやむやにするしかない。彼女は普通に生活出来るのに、その彼女を本来支えるべき僕の方が足を引っ張っているという、男としてこれ以上はない無力感なのです。

そんな感じで、ただ一点を除いては同じような条件で暮らしてきたはずの友人と僕との間に生まれる海よりも深い格差。ただ一点というのはいうまでもなく借金です。それが無い友人は、大切な人を守りながら大きな希望と共に前向きな将来を生きていく。対して借金まみれの僕は、連れ合いに迷惑をかけながら、後ろ向きな過去を早く清算したいという渇望に囚われつつ、ささやかな幸せを何とか見つけようと生きていく。同じ時間を生きていても、やり方によってこれほどの違いが生まれるのです。

別に、賃貸が悪いとか古い製品をリサイクルするのが惨めだと言っているわけではありません。ただ、人というものは現在の生活をもっと向上したいと常に願う生き物であり、それを自然な形で満足させていくのが人としての幸せであることに疑いはありません。別の言い方をすれば、自然に沸き起こる欲求を抑制し続けると、精神的にも肉体的にもガタが来るのです。よって、ある程度の余裕がなければいけない。しかし、借金持ちにはその余裕が全く無いのです。だから人を妬んだり、やけに厭世的になったりと、心が病んでいく…。

何度でも言います。借金は良くない。特にサラ金で借りるのは一切オススメできません。任意整理をしながら日々を耐えて生きている僕が言います。
FC2 Blog Ranking

倹約状況

以前から言われていた、政治家が貸金業者から政治献金を受けているという件。それが事実であることが複数のニュースサイトによって明らかにされ、賄賂をもらっているから政治家はサラ金の規制に消極的なのだと非難されてきました。まあ金額としては何千万とか、政治経済の世界では微々たるものでしょうが、もらっていたという事実それ自体が、我々多重債務者をさらに憤らせるわけですから、パーティー券や講演料と名を変えたところで何の意味もありません。

ただ、そのように非難の的にされてバツが悪くなったのか、今後は貸金業者からの資金提供を受けないという方針が、与党内でされているようです。というより、サラ金に冷たくなった政治家に献金なんて出来るかというサラ金側の思惑なんでしょうね。いずれにせよ、人間はしょせん金で繋がる関係か、と虚しくなってきます。

もちろん、僕はサラ金から今後の資金提供など考えてません。ただただ任意整理の結果を待つのみです。その間、苦しい思いをしながら、いつか人間になれる日を待ってます。

そんな貧窮の日々の中、余計な出費を防ぐために打ち立てた「一日300円」という目標。その成果はどうなっているかというと、ある意味では順調だと思います。

まず基本的に、食事代はほぼ使ってません。晩飯を作るのは彼女なので、給料が入ったら多少なりとも彼女にお金を渡します。負担をかけてる分、もっと沢山渡したいのは山々ですが、それは整理が終わるまで我慢…。そして昼飯は彼女にオニギリを作ってもらってるので、これまた基本的には使わず。後は本とかを買ったりする代金と、たまに買うおやつ、そしてタバコくらいなものでしょうか…。とりあえず、その都度彼女に渡す何百円を除けば、11月に入ってからの十日間で使ったのは、タバコ代3箱分、ジュース5本くらい、菓子を3個くらい、そして雑誌2冊と、結構順調です。

こういう生活も、やってみれば案外惨めでなく、いかに日常で無駄な金を使っているのかというのが良く分かります。そうよう根本的欲求で満たされない部分は、本を読んだりして時間を潰せばいいわけですし、その方がただ食うだけよりも頭の活性化に繋がるような気がします。

自分で望んだ生活スタイルではないとはいえ、職場とかで毎日おやつを買ってきてポリポリ食べている人とかを見ると、何か哀れにすら思えてくるという心理に至ったのも、ある意味多重債務のお陰かもしれません。
FC2 Blog Ranking

引越し時の立ち退き費用をどうするか…

整理依頼から2ヶ月半経過。11月初っ端の三連休は稀に見る快晴で、世はまさに行楽シーズン真っ盛りでした。僕も彼女のご両親のところにご挨拶がてらお邪魔してみたり、のんびり散歩したりと、それなりに楽しみました。しかしながら、その間にも「借金いつ整理されるのかなあ」とか、「あまり金使わないようにしよう」などと、常に金のことが頭からついて離れず、意味も無いのに突然緊張したりしていたように思います。もはや職業病にも似た心理動向というか、借金という呪いに捕らわれた人間の思考回路はかくのごとき根深いのかと、自分のことながら感嘆してみたり…。

まあ、そういう思考回路が功を奏してか、この三連休は殆ど金を使ってません。代わりに彼女に金を出してもらったりしてましたけど。惨めというか何というか…。ただ、今度の目先必要経費としては、引越しの際付随する、今住んでる家の撤去料金でしょう。

僕の家は、とにかく汚いです。あれだけ純白だった壁は、タバコのヤニで完全な黄色だし、床はタバコの炎で穴が空いている部分がいくつか見られます。それ以上にカーペットの燃え跡も酷い。これを「通常に使用して出来た痛みと汚れ」と正面切って言えるほど、僕は不遜な人間でもありませんので…。

試しに不動産屋に聞いてみたところ、タバコのヤニでの壁汚れは免責事項にならないとのこと。つまり借主である僕が修繕費を出さねばならないということです。そして2DKの部屋で修繕した場合、20万くらいかかることもあるとも聞きました。僕の部屋は1Kですが、それでも相当な覚悟が必要なように思います。

その他、家電の廃棄料とか色々…。敷金では到底補いきれないこの現状に、僕は気が滅入るばかりです。どうやって払おう、というか払えないというのが正直なところ。そんな時、密かに期待しているのが、今回の任意整理で発生するかもしれない過払い金。僕が計算した限りでは、何社かで過払いが発生すると予想されます。それを弁護士費用とか他のサラ金の返済に充てられればそれで終わりなんですが、それでもこの過払いを期待したいというのが本音です。

今まで色んな意味で堕落してきた結果とはいえ、すがれるものにはすがりたい。これもまた、弱き人間の心の動きだと思いました。

http://allabout.co.jp/living/move/closeup/CU20060328A/index.htm
FC2 Blog Ranking

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。